永和会ブログ
南小町

2020/10/17 南小町 研修会


南小町では月に一度、ご入居者のより快適で安全な生活に向けて、職員の知識の向上や具体的な技術の習得のための研修会を行っています。

本日は、亀田医療大学看護学部助教授の先生にお越しいただき、「倫理」についての研修会を開催いたしました。

一人の人として、また特養で働く各職種の職員としての「倫理」を例え話や場面ごとの事例を挙げて分かりやすく講義して下さいました。

今後も年に数回、このような研修会を開催することになっております。

2020/8/31 南小町 避難訓練


今年はコロナウイルス感染症の影響で、消防職員の立会での避難訓練はしばらく延期となり、施設の職員のみでの避難訓練となりました。

今回は二階のユニットのキッチンからの出火を想定して、初期消火、通報、全体避難の総合訓練を行いました。

ユニット職員からの出火連絡で消火器を持って初期消火に向かいます。

同時に消防署への通報を模擬で行い、館内の職員は同時にご入居者の避難誘導を進めていきます。

避難誘導中はご入居者にご協力いただき、職員同士声を掛け合い、安全かつ迅速に避難誘導を行いました。

すべて滞りなく終え、避難訓練は終了です。

続いて、緊急時の特殊浴槽の対応を実演を交えて行いました。

入浴中に停電になった場合や体調不良になった場合の特殊浴槽からの脱出法を、実際にお湯を入れた状態からスタートします。

車椅子で入るタイプの浴槽は、緊急時に使用する手動のレバーを使い一気に排水を試みます。

アッと言う間に浴槽は空になり、早急な対応をすることが出来ると確認できました。

もう一方のリフトに仰向けで横になり入るタイプの浴槽は、いかに安全に早く出すこと出来るかを職員同士で話し合いながら確認しました。

私達は避難訓練や緊急時の対応方法の学びを通じて、ご入居者が毎日を安心してお過ごし頂けるように、これからもお守りしたいと思います。

2020/8/21 南小町 運動会


遅い梅雨明けとともに猛暑となり、降り注ぐ太陽がじりじりと肌を焦がすように感じる日が続きますが、南小町では日が沈むとともに虫の声が聞こえて来るようになりました。

今年はコロナウィルス感染症対策で外出もままならず、ご入居者に楽しいひと時をご一緒に参加していただきたく、 昨年大好評だった施設内運動会を今年も開催致しました。

施設長の開会のあいさつに始まり、ご入居者代表の選手宣誓を大きな声で立派に宣誓をされました。

続いて全員でのラジオ体操を行います。ご入居者は円陣を組み、椅子や車椅子に座りゆったりと体操をされました。

いよいよ大会の始まりです。チーム分けは花の名前で、ひまわり、サルビア、あじさい、朝顔です。

まず、ビーチボール渡しです。バックで流れる音楽が聞こえないほど白熱した応援と笑いが起こります。

次は玉入れです。職員が背負ったカゴに制限時間内にいくつ玉を投げ入れることが出来るか競います。皆さまとても上手に入れるため 数個差の接戦となりました。

ここで、職員による余興で炭鉱節と花笠音頭を踊ります。盆踊りの音色につられたご入居者も飛び入り参加され笑顔で一緒に踊られます。

最後は職員対抗の綱引きです。多床職員とユニット職員に分かれ勝利チームには逆転可能な高得点が加わります。

助っ人に厨房職員も加わり真剣勝負となりました。ご入居者も「負けるな!頑張れ!」と声援を送ります。

結果は1位朝顔、2位紫陽花、3位ひまわり、4位サルビアとなりました。

それぞれに賞品の大きな袋を笑顔で受け取られ、今年も楽しく安全に運動会を終えることができました。

2019/12/24 南小町 クリスマス会


鴨川市南小町では、24日に昼食会を兼ねてクリスマス会を開催致しました。
一階のフロアにテーブルを広げ、ご入居者全員でのお食事会です。
メニューもサンドイッチにサラダやケーキなどクリスマス仕様の華やかなもので、シャンパンのようなジュースで乾杯して皆様美味しそうに召し上がっておられました。
食事が終わると、サンタに扮した職員からクリスマスプレゼントをご入居者一人一人にお渡しします。
プレゼントを手にされると、パッと明るい笑顔になられて「嬉しい!ありがとう」と喜ばれていらっしゃいました。
また、クリスマスソングをカラオケで歌い、この時期ならではの雰囲気を満喫いたしました。
楽しい会はあっという間に終わり、「楽しかったよ!プレゼントもありがとう!」とおっしゃっていただき、この日の為に何度も打ち合わせを重ねたレクリエーション委員会の職員も嬉しく思いました。

2019/8/25 南小町 夏の演奏会


音楽グループ“アリオーゾ“の皆様とそのお子様3名をお招きして夏の演奏会を開催いたしました。
3兄弟のご長男くんがギターを弾くと「ギターが弾けるなんてすごいねぇ」と、また三男くんがキーボードに合わせて大きな声で歌うと「小さいのに頑張っていて可愛らしい」と、入居者様に優しい笑顔があふれます。
伴奏に合わせて皆様で「海」や「いつでも夢を」「我は海の子」「四季のうた」「今日の日はさようなら」などを歌いました。
歌好きのご入居者が楽しそうに歌われている姿を見ると、こちらも嬉しくなります。
楽しい時間はあっという間に過ぎ、帰り際には「また来てね」と声をかけていらっしゃいました。
クリスマスの時期に再びお会いできるのを楽しみにしております。

2019/6/23 南小町 紙芝居


南小町では6月23日に「安房介護一揆」の方による紙芝居が行われました。
昔懐かしい木枠の中に古風な絵が納まっていて、ご入居者の皆様はご自身の幼少期を思い出している様な表情をされておられました。
演者の方の語りに引き込まれたり、まるで漫才師のようなテンポの良いおしゃべりに集中されている様子でした。
途中で演者の方がいくつか絵を見せて、「さて、これは何でしょう」と簡単な質問をされるのですが、演者の方の五歳くらいのお子様が「はい!はい!」と手を挙げてすべて答えてしまうという可愛いハプニングもあり、皆様とても賑やかな時間を過されておられました。
今後、紙芝居の定期開催を予定しています。