永和会ブログ
全ての記事

2019/8月 袖ケ浦市蔵波 工事進捗状況


袖ケ浦市蔵波の現場では、残暑の中工事が進められております。
内部に壁が出現し始めたことにより、空間がより立体的に感じられるようになりました。図面を見ただけではわからないリアリティを感じます。
その様子を見ながら徐々にイメージを膨らませ、なんとか床や壁などの内装の選定も終えることができ、B棟ではすでに壁紙が貼られ始めました。(写真4)
お盆休みを挟みB棟では外壁の塗装も始まり、9月に入るとA棟も始まるので、外側がどのようになっていくか楽しみです。
写真5、6のように、内部に配線が引き始められたり、外部工事では浄化槽の施工もされ始めております。

2019/8/25 南小町 夏の演奏会


音楽グループ“アリオーゾ“の皆様とそのお子様3名をお招きして夏の演奏会を開催いたしました。
3兄弟のご長男くんがギターを弾くと「ギターが弾けるなんてすごいねぇ」と、また三男くんがキーボードに合わせて大きな声で歌うと「小さいのに頑張っていて可愛らしい」と、入居者様に優しい笑顔があふれます。
伴奏に合わせて皆様で「海」や「いつでも夢を」「我は海の子」「四季のうた」「今日の日はさようなら」などを歌いました。
歌好きのご入居者が楽しそうに歌われている姿を見ると、こちらも嬉しくなります。
楽しい時間はあっという間に過ぎ、帰り際には「また来てね」と声をかけていらっしゃいました。
クリスマスの時期に再びお会いできるのを楽しみにしております。

2019/7月 袖ケ浦市蔵波 工事進捗状況


袖ケ浦市蔵波の現場では、着実に工事が進行しております。
骨組みとなる箇所が出来上がっていくに際して、内部にその他の資材が搬入されております。現状では、内部の部屋や空間の区分け等はまだなので、全容は見ていませんが、8、9月中には部屋の配置などが明らかになっていきそうです。
7月9日には袖ケ浦市役所の担当の方がお見えになり、工事の進行状況の視察をされました。
8月に入るとB棟には天井が貼り付けられていきます。同時に床や壁紙を選ぶ仕事が出てくるので、頭を悩ませております。

2019/6月 袖ケ浦市蔵波 工事進捗状況


6月に入り、袖ケ浦市蔵波の工事現場では、手前のA棟の建造物の外壁を造っていくALC工事が行われており、7月中旬までに完了する予定です。
写真3枚目のように、上層階に上がれるようになりました。
6月14日には法人の役員の方々も視察に来られ、工事の進捗状況報告を確認していただきました。
7月からは外壁のデザイン等を決める段階に入っていきます。

2019/6/23 南小町 紙芝居


南小町では6月23日に「安房介護一揆」の方による紙芝居が行われました。
昔懐かしい木枠の中に古風な絵が納まっていて、ご入居者の皆様はご自身の幼少期を思い出している様な表情をされておられました。
演者の方の語りに引き込まれたり、まるで漫才師のようなテンポの良いおしゃべりに集中されている様子でした。
途中で演者の方がいくつか絵を見せて、「さて、これは何でしょう」と簡単な質問をされるのですが、演者の方の五歳くらいのお子様が「はい!はい!」と手を挙げてすべて答えてしまうという可愛いハプニングもあり、皆様とても賑やかな時間を過されておられました。
今後、紙芝居の定期開催を予定しています。

2019/6/20 南小町 MUJIカフェ


梅雨真っ只中の本日は、「たまには外でおやつでも食べましょう」ということで、みんなみの里にあるMUJIカフェでスイーツを堪能しました。
施設から車で五分ほどで行けますので、来られなかったご入居者様は次回、お誘いしたいと存じます。