永和会の理念

特別養護老人ホーム南小町のまわりの自然環境


永和会の理念は、「愛と良心に基づく高い志を抱いて地域社会に貢献する」ことです。
 
私たちは、理念に掲げる「愛=慈しみ」と 「良心=正しい行動」を毎日の業務の中で常に心がけています。
 
高齢になり、生活に支障が現れるような状況においても、安寧に健やかに暮らしを続けていくための安全な環境を提供すること。
そして、ご本人の意志を尊重しながら暮らしを継続するための支援を行うこと。
それが私たち永和会の至上の目的です。
 

社会福祉法人永和会
理事長 柳生 良雄

介護職としての
プロフェッショナリズム

食べること、入浴すること、眠ること、排泄すること…。
日常生活は判断と行為の連続です。
しかし、身体的機能の低下と認知症の発症により、この判断と行為に不均衡が生じ日常生活に支障が現れます。
介護職は、この不均衡により引き起こされる様々な状況に対し、ご利用者の意思を尊重し、暮らしを継続するための支援を行います。
その方の暮らしを知らなければ、業務ができないといっても過言ではありません。
生活環境を整え、ご利用者ができること=強みを見出し最大限に活用することが、介護職の視点であり、プロフェッショナリズムです。

介護職
健康的な生活を支える
看護職の役割

健康とは、病気でない状態を指すのではなく、肉体的、精神的、そして社会的にすべてが満たされた状態にあることと定義されています。
医療施設ではない暮らしの場で、看護職に求められていることは、安全な医療的対応の確保、新たな疾病の予防と早期対処、そして生活上のニーズを最優先に個別的支援を行うことです。
手で体温を感じたり、顔色で体調の変化を観察したり、寄り添い触れ合う看護を提供し、ご利用者が最期の時まで安寧に健やかに暮らしを続けていくための支援を行います。

看護職
食事を通じて伝える
栄養・調理職によるケア

季節(旬)の食べ物、懐かしい味、思い出の一品。
日々の楽しみは、やはり食事です。
病院では栄養補給が重視されがちですが、私達にとっての食事の位置づけは、暮らしの中での楽しみであり、求めるものはおいしさ、そして幸せです。

ご利用者の摂食状態は、身体的、心理的、総じて様々な要因により刻々と変化します。
また、姿勢や食べさせ方など介助者の技術も影響します。
個々に応じた介助と嚥下の評価を行い、毎日食べる、食べられる状態を維持するため、多職種で知恵を出し、工夫し、おいしい食事を提供することが永和会の食を通じたケアです。

特定養護老人ホーム南小町の食事の例