2014年8〜9月 基礎工事②

Exif_JPEG_PICTURE

捨てコンを敷く段階が終わり、8月の工程は基礎工事のメインである鉄骨を配置する作業に入っていました。
鉄筋コンクリートは文字通り、細い棒状の鉄筋とコンクリートに分かれており、最初の鉄筋の細い棒を入れる作業から見させてもらいました。
鉄筋コンクリートは通常のコンクリートだけではなく、その中に鉄筋を入れることにより強度を増すようで、鉄筋の数が多いほど丈夫になるようです。
出来上がる建物は2階建ての建物にもかかわらず、地下十数メートルの巨大な杭をはじめ、鉄筋コンクリートでしっかりと基礎を作っています。建物の強度はこれだけしっかりと基礎を作っているので、申し分ないと思います。おそらく大きな地震が来ても大丈夫でしょう。
工事状況も予定通りで着々と進んでいます。
8月いっぱいで基礎工事の大半が終了したので、このあとは地上部分の施工に入ります。 まだまだ暑い日が続きますが、安全第一に作業していただければと思います。